雑貨☆コレクター

100円の雑貨や1000円以内で買った雑貨の使い勝手などを紹介。

あ~あついあつい

あ~ も~ 毎日暑い!
暑いんで、こんなぐったりよ~



北欧の話を思い出したので、おひとつ。


アイスランドのサガというタイトルで図書館に行くと借りられる本(1000ページくらいの)があって、買うには何万円もする代物なので、やはり借りるしかなく。
プレミアつきすぎて8000円で買えそうなものがなんと数万円とか。
3回借りたので、内容は頭に入っちゃったけどね(笑)


北欧神話は旧エッダと新エッダの二種類があって、旧のほうは断片的に書いてあるよう。
新エッダはスノリ・ストゥルルソンという貴族学者が新しくまとめた内容で、よくある「わかりにくい話を、わかりやすくまとめよう」というきっかけがあったのやも。


たとえば、旧→オーディン、フレイなどの主要キャラ(神)がラグナロクのあとにも冒険しているようにまとめてある。


新→ストーリー的に美しくまとめてあって、とりあえず話はかいつまんで理解できる。


私は旧エッダのほうばかり読んでるから新のほうはあとで確認してみようっと。


旧のなにがおかしいって、ラグナロクは世界的な戦争でオーディンが槍なげて「おっぱじめるぞ」てなことになるのだけど、そのあとたくさんの神様がそれぞれの敵と討ち死にして、生き残るのがヴィーザルというオーディンの半神半人の神様だけなもので、それで何ページかあとに、ロキや俊足のヘーニルと冒険するというね。
このあたりが矛盾になるので。


でも神様だから、生き返るのかな!?


昔サガの漫画を載せてたことあるけど、もう一度載せてみようか…?
どうも文章だと重くなりがちだし、長くなりすぎるとフリーズがひどい(泣)